• 【カレーの市民アルバ × さぶろうべい】コラボメニュー

    石川県のソウルフード同士のコラボレーションが実現!【カレーの市民アルバ × さぶろうべい】コラボメニュー、2022年7月1日(金)よりスタート!

    〜地元の方が愛してきた味をひとつのきっかけに、石川県の食の魅力を発信〜

    石川県で70年に渡り愛される「さぶろうべい」は、小松市に本店を置く金沢カレーの源流のひとつである人気店「カレーの市民アルバ」とのコラボメニューを、さぶろうべい全4店舗にて、2022年7月1日(金)よりスタート致します。

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2022_6_15_0218-1024x684.jpg

    北陸新幹線の開通をきっかけに、全国から観光客も増える中、地元の方が愛してきた味、そして石川県の食の魅力を、日本全国の方たちにも食べていただきたいという想いから、ソウルフード同士のコラボレーションが実現しました。さぶろうべいは創業72年、カレーの市民アルバは創業51年。互いに石川県のソウルフードとして、長い間地元の方々に愛されてきました。我々が手を組むことにより、ひとつのチームとして、石川県の食の魅力を発信することに貢献していきたいと考えています。

    カレーの市民アルバ × さぶろうべい コラボメニュー
    2022年7月1日(金)〜8月31日(水)までの夏季限定!さぶろうべい4店舗でお楽しみいただけます。

    ■場外!満塁ホームランカレー:¥1,320(税込)
    アルバ名物「満塁ホームランカレー」をさぶろうべいアレンジで!人気の唐揚げ・厚切りハムカツ・カマンベールチーズフライ・赤ウインナーを乗せた、今しか食べられない”さぶろうべい”ならではの満塁ホームランカレー!

    ■場外!満塁ホームランカレー:¥1,320(税込)
    場外!満塁ホームランカレー:¥1,320(税込)

    ■さぶろうべい名物 “とりかわ”×アルバカレー:¥880(税込)
    ​さぶろうべい名物「とりかわ」をアルバカレーに合わせて!コラボメニューだからこそ楽しめる、期間限定の味をぜひお試しあれ!

    ■さぶろうべい名物 とりかわ×アルバカレー:¥880(税込)
    さぶろうべい名物 とりかわ×アルバカレー:¥880(税込)

    ■白菜鍋 × アルバカレー
    さぶろうべいの白菜鍋にアルバカレーを!異次元のコラボがここに誕生!
    ​・親とり:¥1,155(税込)
    ・若とり:¥1,320(税込)
    ・やまと豚:¥1,420(税込)
    ・とりもつ:¥1,320(税込)
    ※定食(ご飯と味噌汁):¥308、追いアルバカレー(¥440)

    親とり白菜鍋×アルバカレー:¥1,155(税込)
    親とり白菜鍋×アルバカレー:¥1,155(税込)

    ■カレーの市民アルバで〆る
    〆にはアルバカレーを。ごはんか、うどんか、ラーメンか!出汁の出た鍋とカレーの相性が意外にもGoodです!
    ​・カレー雑炊:¥528(税込)
    ・カレーうどん:¥638(税込)
    ・カレーラーメン:¥638(税込)
    ※卵:¥77(税込)、チーズ:¥187(税込)

    カレー雑炊:¥528(税込)
    カレー雑炊:¥528(税込)

    カレーうどん:¥638(税込)
    カレーうどん:¥638(税込)

    カレーラーメン:¥638(税込)
    カレーラーメン:¥638(税込)

    カレーの市民アルバ

    アルバカレーは、1971年(昭和46年)8月、石川県小松市で生まれました。アルバカレーのルーはシチューがベース。ヨーロッパ修行の末に作り出した、欧風カレースタイルです。ルーはタマネギをたくさん使い、野菜と牛肉をじっくり6時間以上煮込むことで、深い味わいを出しています。食べる人の健康にも気を遣い、塩分を少なくしています。その分、野菜とビーフから出るうま味でカバーしています。ボリュームのあるカツに、こんもりと盛られたキャベツの千切り。舟型のステンレス皿全体を、ご飯が見えなくなるほど覆う濃厚なルー。そのヘビーな見た目のインパクトで、食べ盛りの学生や、働き盛りのビジネスマンから絶大な支持を集める“金沢カレー”。2000年代から徐々に東京でも知られるようになりました。数ある中でも「カレーの市民アルバ」は、その源流となったお店のひとつです。

    アルバ名物 満塁ホームランカレー
    アルバ名物 満塁ホームランカレー

    カレーの市民アルバ 小松駅前店
    カレーの市民アルバ 小松駅前店

    さぶろうべい

    さぶろうべいは、昭和25年(1950年)に石川県かほく市で創業し、70年以上に渡り石川県のソウルフードとして親しまれています。名物は、鶏油と秘伝の醤油だれが決め手である「とり白菜鍋」。2014年に事業を継承し、2022年2月現在、石川県内に4店舗展開中。伝統の味を「今」に、そして「次世代」に承継していきます。

     

×